Author Archive

トラックの買取で出張を採用している業者の割合が多い理由

車の買取業者は、主に2つの方法で査定を行っています。出張と実店舗ですね。

最近では、出張査定を行う業者は増加傾向にあるようです。やはり一括査定サイトの影響が大きいのでしょう。あのサイトを通じて査定を行うとなると、どうしても出張になります。そして最近ではネット媒体の普及によって、人々はネットを経由して査定を依頼している事も増えてきています。ですので主に一括査定サイトを用いて、出張の依頼を行っている人々も増えてきている訳ですね。

ところで、その出張を採用している業者の割合は車種によって異なる一面があります。最近では一般車の買取を行っている業者の多くは出張査定を採用していますが、その割合は別の車種ほど多くはありません。特定の車種となると、積極的に出張している業者の比率が多くなるのです。

具体例で申し上げると、トラック買取ですね。その車種の買取を行っている業者は、確かに実店舗でも査定を受け付けてはいます。しかしどちらかと言うと、出張での査定を採用している業者の方が多いのです。トラック買取の場合は、全体の8割以上は出張査定を採用しているというイメージがありますね。
それに対して一般車の場合は、8割という状況ではなさそうです。一般車買取の業者の中で出張を行っている所は、全体の65%ぐらいでしょうか。多くても7割くらいだと思います。

そして業者からすれば、出張の方が経費はかかると思います。遠方まで出張するとなると、交通費なども多くかかるでしょう。
にもかかわらずトラック買取の業者の多くが出張している理由は、恐らく「多少の出張費用はかかっても、十分に元は取れる」からでしょう。トラック買取は、買取金額の単価も大きいですね。数百万円の売却が成立することも、しばしば有ります。その分利益率も高くなるので、出張買取を採用している業者が多いのかなと推理します。

車の査定額の算出方法

現代は、自動車がない生活が考えられません。
交通手段としての自動車は生活する上で無くてはならない移動手段となってきています。

本来、自動車は使用年月で価値が目減りしていく財産です。
中にはプレミアの付く高価な車種も無いことも無いのですが、これがほんの一部の事ですので、我々の使用している愛車は日々、価値が下がっているのです。

もちろん、使用している場所や個々の人ごとに使い方が違うので、1台1台査定をしてみると、まちまちの査定価格が出るのです。車種年式などで査定の基準価格が決められていますが、そこから査定は自動車各部を細々チェックして、加点、原点しながらその車の今の価値、査定価格を算出しています。だから、1台1台値段差が1000円単位でつくのです。

要は、愛車を大切にしていればそれだけの評価の差がつくという事になります。
ですから、日ごろから大切に使う事が大事なのです。

では、査定の大きな原点ポイントはなんでしょう。
毎日使用していれば仕方がないこともありますが、1番は事故による修理跡ないしはそのままにしている傷です。誰も、車を取り換えて事故車を買いたいとは思いません。

しかしその傷に見合った大きな減点をすることで安く販売価格を設定できるのです。
次に使用年月による走行距離にです。査定には使用月による平均的走行距離が基準としてあり、それより多ければ多さによって減点が少なければ加点がされています。このようにして加減することで再販価格の中古車としての販売価格が決まってきます。

ですから、日ごろから大切にしようしていることで、代替え時の査定価格が何万円も変える事が出来るのですから、大切にしておきましょう。

車を高く売りたいならこちらのサイトで勉強しましょう!
>>ハイエース 買取
>>オデッセイ 買取

車はお金をかけた分長く乗れる

車を15万キロ、20万キロ乗りたい方は、その分お金をかけないといけません。
オイル交換も気づいたら、12ヶ月点検もしない。
車検も通すだけ。

そんなメンテナンス内容で、20万キロまで乗るつもりだ!
なんて人もいますが、都合が良すぎます。

もちろん乗れないなんてことはないんです。
悪い部分の部品を全て交換すれば20万キロまで乗ることは可能でしょう。

しかし、新車を購入したほうが安くつく可能性があります。

車を長くのりたい。
そのように思っている人は、もちろんあまりお金をかけたくないからです。
お得に車を乗りたいような人がそのように思うでしょう。

しかし、メンテナンス代金だけ新車を購入するようなお金がかかっていたら、
意味がありませんよね?

だから新車購入時から、車はしっかりメンテナンスをしていく必要があるのです。

細かい日々のメンテナンスによって、
致命的となる重要機関の故障は防げます。
その気になれば25万キロ、30万キロまで大きな部品の交換なしで、
乗り続けることができるでしょう。

しかし、日々メンテナンスをしていないとなると話は別です。
そのような方が車を長く乗ることによって、
逆に損をしてしまうこともありますので気をつけましょう。

やはりラインは10万キロですかね。
メンテナンスは車検時のみ。
という方は10万キロで乗り換えたほうがお得でしょう。
車の売却ならこちらから!
http://xn--tor97rf45bxzb7xr.biz/

車の無料回収についての考察

車の無料回収ってご存知でしょうか?
どんな車で無料で回収しますよ~ってやつです。
最近広告や宣伝でも多いですよね。

あれってなんで無料で回収してくれるかわかります?
通常なら処分にお金がかかるような車で無料で回収。
裏がありそうな話だとは思いませんか?

そのことについてちょっと調べてきたので、
お話しますね。

まず一般的な処分に関しての流れを説明します。
1.処分する車を処分代行業者に連絡
2.処分代行業者がその車を引き取り解体屋へ
3.解体屋が処分
という流れになっています。

無料回収の場合も処分代行業者が無料回収業者に代わるだけですので、
お金がかかる、かからないの違い以外にはありません。

ここでわかることは、車の処分は無料回収業者は処分代行業者が行っているのではなく、
解体屋が最終的に処分しているということです。

この事実を知らない方が多いので、
お金を払って、処分代行業者に車の処分を依頼する人が多いのです。

では直接解体屋に車を持ち込んだらどうなるのか?
これに関しては驚くと思います。
実はお金がもらえるのです。

解体屋にとっては鉄はとても価値があるもの。
その鉄でできている車ってお金を払う価値があるのです。

つまり無料回収はこういう仕組みになっていたというわけです。
無料で回収しても利益がでる。
これが真実です。

車売却に関してなら下記のサイトがおすすめ!
【愛知 車買取】愛知県内で最も高く買い取ってくれる業者はここだ!
【大阪 車買取】大阪府内で高く車を売りたいならここ!

個人売買でトラブル

やっぱり個人売買は危険ですね。
トレカを売却するにあたりオークションを利用していたのですが、
トラブルになってしまいました。

トラブルの内容は、
取引が終了して発送し、2週間後のことでした。
いきなりメールが来て見て見ると、カードが折れている。というのです。

いや~どうしたものかな~と思い、
商品説明欄にも記載している通り、ノークレーム、ノーリターンとなっております。
と伝えたらいきなり長文でキレてきました。

だって2週間たっているんですよ?
売却したのたった10枚。
すぐに確認できるでしょ。

最初から折れているのならスグにでも連絡してきたはず。
それが2週間たってからの連絡でしたので、明らかに悪質な行為だと思いました。

個人売買は危険だと言われていますが、
やっぱりその通りなんですね。
トレカは買取店舗で買取してもらったほうがいいですよ。

2歳児がスマホ?

今日ヤフーのトップに掲載されていた記事のことですが、
2歳児の2割がスマホを所有しているようです。

まあ所有というか、
母親が外出する際に、子供に持たせておいているらしいのですが、
それでもすごいですね。
1週間ほぼ毎日使用している2歳児は全体の2割にあたるようです。

これはビックリですよね~
私はまだ20台前半ですが、
私の世代でも中学生で携帯もっているのってごくわずかでした。
それが2歳児ってかなり驚きですね。

まあ当時は携帯電話も扱うのが難しく、
今の子供達が進化しているわけではなく、
スマホが進化して操作しやすくなったんですよね~。

スマホって直感的に操作できるように作っているらしいですからね。

まあでも2歳児はビックリです。
2歳児って言葉話せれましたっけ?

ピアノ買取のトラブル例

最近話題のピアノの買取サービスですが、
トラブルの例がいくつかありますのでご紹介します。

・見積もり金額と違う
ピアノを買取してもらうにあたって、ネットでお見積もりをしてもらう方が多いでしょう。
ネットでのお見積もりとは、インターネットで買取業者にピアノの情報を入力し、
どのくらいで買い取ってもらえるかが分かるサービスです。

しかし、実際に家に引き取りにきますと、
あ~でもないこ~でもない、と色々難癖をつけられ、
買取金額を減額させてくる業者が多いようです。

ピアノの状態に嘘ついていたら減額になるのは当たり前ですが、
そうではなく、どう考えても業者の方に過失があるケースが多いようです。

もし見積もり金額より減額されたら、その場でキャンセルすることができればいいのですが、
搬出した後でそういったことを言われるケースもあります。

そのような事態に陥ると、搬出料金はもうかかっていますので、
搬出料金だけ請求される。なんてことにもなりかねません。

利用しやすいサービスですが、利用のほうでもよく下調べをし、利用することが重要になってきます。

ソフビフィギュアについて

今のフィギュアは大体はソフビと呼ばれるものです。
ちなみにソフビとはソフトビニールの略称で、これはフィギュアの原料のことです。

一般的にPVCとと呼ばれていて、
PVCとはポリ塩化ビニルのことです。

ポリ塩化ビニルは熱に弱く、溶けやすいのも特徴の1つであり、
手入れなしでフィギュアを放置していると、ベタつくことが多いですよね?
これはフィギュアになにか付着しているわけではんく、ソフビの性質であります。
これはソフビだとどんなフィギュアでもなる現象ですので、あせる必要はありません。

また、ソフビは直射日光にも弱く、
紫外線などを長期間浴びると色落ちもすることが多いです。
一般的に多く出回っているソフビですが、
完璧な状態で保存し続けるのは不可能に近いですので、
定期的なお手入れが必要となります。

コレクターの方は、何体ものフィギュアを所有していると思いますので、
ローテーションを組むなりして、定期的にお手入れをしていけばいいでしょう。
また、フィギュアを売却する際も、その状態は重要となってきます。