車の査定額の算出方法

現代は、自動車がない生活が考えられません。
交通手段としての自動車は生活する上で無くてはならない移動手段となってきています。

本来、自動車は使用年月で価値が目減りしていく財産です。
中にはプレミアの付く高価な車種も無いことも無いのですが、これがほんの一部の事ですので、我々の使用している愛車は日々、価値が下がっているのです。

もちろん、使用している場所や個々の人ごとに使い方が違うので、1台1台査定をしてみると、まちまちの査定価格が出るのです。車種年式などで査定の基準価格が決められていますが、そこから査定は自動車各部を細々チェックして、加点、原点しながらその車の今の価値、査定価格を算出しています。だから、1台1台値段差が1000円単位でつくのです。

要は、愛車を大切にしていればそれだけの評価の差がつくという事になります。
ですから、日ごろから大切に使う事が大事なのです。

では、査定の大きな原点ポイントはなんでしょう。
毎日使用していれば仕方がないこともありますが、1番は事故による修理跡ないしはそのままにしている傷です。誰も、車を取り換えて事故車を買いたいとは思いません。

しかしその傷に見合った大きな減点をすることで安く販売価格を設定できるのです。
次に使用年月による走行距離にです。査定には使用月による平均的走行距離が基準としてあり、それより多ければ多さによって減点が少なければ加点がされています。このようにして加減することで再販価格の中古車としての販売価格が決まってきます。

ですから、日ごろから大切にしようしていることで、代替え時の査定価格が何万円も変える事が出来るのですから、大切にしておきましょう。

車を高く売りたいならこちらのサイトで勉強しましょう!
>>ハイエース 買取
>>オデッセイ 買取

Leave a Reply